Vár

カロチャ刺繍のエプロン

ep1_20170411145730342.jpg
ハンガリーのお土産屋さんで売られているようなエプロンを作ってみました。

ep4_20170411145734792.jpg
ベルト部分にはライン状に図案を配置して。

ep3_20170411145733366.jpg
リボンの先にもポイントに。


ep2_20170411145731a7b.jpg
全体はこんな感じです。
エプロンの回りは、現地ではスカラップで仕上げる事が多いですが、
手を抜いてレースをたたきました。


ep5_20170411150205874.jpg

スポンサーサイト

マチョー刺繍のワークショップのお知らせ

matyo tori2
「マチョー刺繍のポケットティッシュケース作り」
池袋コミュニティカレッジにてマチョー刺繍のワークショップを行います。
ハンガリーではカロチャ刺繍に次ぎ有名な刺繍です。今回はかわいい鳥のモチーフを刺します。
作品がぐっと可愛く見える、縁かがりの方法もお教えいたします。

お申込みはコミュニティカレッジ様までお願いいたします。
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_756740.html

日程:5月13日(土) 13:30-16:00
持ち物(あれば):刺繍枠(8㎝くらい)、糸切りばさみ、水性チャコペン、裁縫道具、筆記用具

mw6.jpg
*参考画像です。
ティッシュ以外にもちょっとした小物も入るポケット付きです。

ハンガリー刺繍ワークショップvol.9 @table

IMG_2509.jpg

「ハンガリー刺繍ワークショップ vol.9 @ table」
ハーロムセーク刺繡のアクセサリー

日程:4月22日(土)
①11:00-13:00
②14:00-16:00
※5名以上で催行、7名先着にて締め切り致します。
講習費:2800円 材料費込み、おやつとドリンク付き
※当日のキャンセルは、キャンセル料を頂きますのでご了承ください。

場所:西荻窪 shop & gallery table


【持ち物(あれば)】
・フランス刺繍針 5号と6または7番
(25番刺繍糸2本どりと、8番刺繍糸を使います。)
・縫い針
・糸切ばさみ
・小さな刺繍枠 8cm程度
・筆記用具
・手芸用ボンド

ハーロムセーク刺繍は、ハンガリーのIlless先生が2013年に復刻した刺繍です。今回はこの刺繍を現代風にアレンジしたものになります。8回目のピンクッションでもお教えしたハーロムセーク刺繍のアレンジなので、前回参加したかたも、できなかったかたも楽しんで頂けると思います。

IMG_2025.jpg

ワークショップではピアスかイヤリングを2個作って頂きます。
モチーフは三角と四角を用意しますが、
お好きなモチーフと大きさで刺して頂いても良いです。
刺繍糸もお好きなものをお選び下さい。


AorBs.jpg
こちらのピンクッションも受講可能です。
お申込みの際、アクセサリーかピンクッション(Aor B)をお選びください。
作品の詳細は一つ前の記事をお読みください。
刺繍糸は当日お好きな色をお選びいただきます。
お持物はアクセサリーと同じです。

【申し込み方法】
・お名前
・お電話番号
・希望時間
・ピアスorイヤリング または ピンクッション A or B

件名に「刺繍ワークショップ申し込み」と記入のうえ、
下記の内容を明記の上、tableさんまでお申込みください。
tabletafelアットマークgmail.comからメールにてお申し込みください。

頂いたメールには、2−3日中に返信させて頂きます。
2−3日を過ぎても返事がない場合は、再度ご連絡をお願い致します。

ハンガリー刺繍ワークショップ vol.8 @table

haromszek3s.jpg

「ハンガリー刺繍ワークショップ vol.8 @ table」
ハーロムセーク刺繡のピンクッション

日程:3月26日(日)
①13:00-15:00
②15:30-17:30
※5名以上で催行、7名先着にて締め切り致します。
講習費:2800円 材料費込み、おやつとドリンク付き
※当日のキャンセルは、キャンセル料を頂きますのでご了承ください。
*3月20日(月)お申し込み締め切らせて頂きます。

場所:西荻窪 shop & gallery table

【持ち物(あれば)】
・まち針(5本程度)
・フランス刺繍針 5号と6または7番
(25番刺繍糸2本どりと、8番刺繍糸を使います。)
・縫い針
・糸切ばさみ
・小さな刺繍枠
・筆記用具

haromszek4s.jpgharomszek5s.jpg
ハーロムセーク刺繍は、ハンガリーのIlless先生が2013年に復刻した刺繍です。
ハンガリー刺繍に多く見られる偽サテンステッチに、コーチングステッチを加え、
最後にフレンチノットステッチで華やかに仕上げます。いろいろな手法が入っているので楽しめると思います。

AorBs.jpg
お申し込みの際に、布の組み合わせをAかBかお選びください。
A→刺繍面:生成、花びら:ストライプ、ボディ:生成
*Aは仕上げに、ブレードで飾っていますが、ブレードはキットには含まれません。飾り方はお教えします。
B→刺繍面:ストライプ、花びら:生成、ボディ:ストライプ

刺繍のモチーフの色糸部分は、当日好きな色を選んで頂きます。
当日の完成は難しいと思いますが、ご自宅でも仕上げて頂けるように指導いたしますのでお気軽にご参加ください。

haromszek2s.jpg
立体的な仕上がりになります。


【申し込み方法】
・お名前
・お電話番号
・希望時間
・希望の布合わせ (A、B、どちらかをお選び下さい。)

件名に「刺繍ワークショップ申し込み」と記入のうえ、
下記の内容を明記の上、お申込みください。

contactのメールフォームもしくは、
tabletafelアットマークgmail.comからメールにてお申し込みください。

頂いたメールには、2−3日中に返信させて頂きます。
2−3日を過ぎても返事がない場合は、再度ご連絡をお願い致します。


カロチャ刺繍のハンガーカバー

カロチャ刺繍のハンガーカバーのキットを作りました。

ahc2.jpg
商品の詳細はこちらをご覧ください。

ahc5.jpg
刺繍にすぐに取り掛かれるように、仕立てたハンガーカバーに、下絵を写してお届けします。


ahc3.jpg
カロチャ刺繍は、散らすとキュートさが増す気がします。春が待ち遠しいですね。

ahc4.jpg


Bekes刺繍

be1_201702031126549ca.jpg

ハンガリー刺繍を刺しました。
こちらはBekes刺繍。大人っぽい色合いが特徴的です。
また、黒い糸を一本どりでボタンホールステッチをするのも他の地方の刺繍では見られません。

be2.jpg

be3_201702031126577bc.jpg
ハンガーカバーってシルクのブラウスもずり落ちなくて便利ですね♪
なんでもっと早く作らなかったのか・・・


be4.jpg
裏はシンプル。

刺繍のつけ襟

eri1.jpg
蓬莱さんの本を見ていたら、つけ襟も作ってみたくなりました。
とはいえ、つけ襟を付けたことがないので、小さくしてみたら初心者には良いかな~と小さく型紙を作り、刺繍も簡単にして試作してみました。

eri2.jpg
ネックレスみたいに気軽に使えるかな。

eri4.jpg
「jó napot kívánok.」 
ハンガリー語でこんにちは
お店のドアを開けたら、まずヨーナポトキバーノク!
お店で挨拶をする習慣って良いな~と思います。

eri3.jpg

刺繍のイヤリング

eri5.jpg
本を見ながらお花のイヤリングを作りました。
思いついてすぐに作りたかったので、刺繍糸は手持ちの色を。
春が待ち遠しい、かわいいイヤリングが出来ました。


eri6.jpg
「装う刺繍 身につける刺繍」 蓬萊 和歌子(著)
蓬莱さんの作品はずーっとwebで拝見していて、洋服も刺繍も、世界観が素敵で憧れの方です。
この本は、洋服に刺すための図案や、ワンポイントで使える図案もたくさん載っていてワクワクします。野の花をそのまま写したような素朴な図案に、控えめな色合いの刺繍糸が合っていて眺めているだけでも楽しめます♪

新しい場所で

ah7.jpg

ご無沙汰してしまいすみません。
突然の引っ越しが決まり、少し慌ただしい日々を送っていました。
やっと通常の生活が戻ってきて、ほっと一息ついたところです。

引っ越しのたびに、家にある荷物の再点検をすることになるのですが、
全部自分で選んで、家に持ち帰ったもののはずなのに、不要品が多いことに驚きます。

今回気づいたのは、とりあえず買ってしまったものや、今しか買えないからという理由で買ってしまったものは不要になる率が高い。食器なども、使いやすく丈夫で安価なものをつい使いがちで、
作家さんのものなどの繊細な食器は戸棚の奥にしまったままでした。
新しい家では「好き」を基準に、積極的にしまっていた食器も使っていきたいです。

都内から少し遠くなってしまいましたが、コミュニティカレッジでの講座は継続し、ワークショップはペースは落ちてしまうけれど続けていきたいと思っています!
そろそろ刺繍も再開しなくては。

ah3.jpg ah4.jpg ah2.jpg
日当たり良好のリビング
自転車であちこち探索しています。カフェとケーキ屋さんが沢山ある町。
のんびり懐かしい風景にも出会えました。


ah8.jpg

トランシルバニアの手織りのマットを敷いて足元を暖かく。
家での時間を快適にしたいです。

カロチャ刺繍糸の収納ケース

kl1_2016100516061991f.jpg
刺繍糸の収納って悩みの一つですね。
カロチャ刺繍糸は約60cmで切ると使いやすいので、
色ごとに束にして使っています。

kl2.jpg
収納ケースを作りました。5年前にこれを思いついた時は、ノーベル賞もの!と一人で嬉しくなっていました。
色々改良を重ねて、これで3個目です。刺繍入りのを作りたかったのでこれでやっとゴールかな。
下部だけくるむようになっています。上はくるみません。なぜなら、

ki3.jpg
とじたまま引き出せるからです♪ うまくいかないことの方が多いですが(涙)